動脈硬化を防ぐ生活習慣

動脈硬化は改善しないというのが医学の常識でしたが、最近では生活習慣を改めることで改善できることがわかってきました。その方法をご紹介します。

サイトトップ > 動脈硬化とは

スポンサードリンク

動脈硬化を防ぐ生活習慣

動脈硬化とは


動脈硬化とは、動脈の層が厚くなったり、硬くなったりしたために、弾力性や柔軟性を失なった状態です。


動脈硬化になると、血管の壁に脂肪などが沈着して厚くなり、内腔(血液の通り道)が狭くなるため、血液の流れが悪くなります。


また、動脈硬化が原因で身体にさまざまな障害や症状などが現れることを「動脈硬化症」といいます。


動脈硬化というものは全身の動脈で起こりますが、起き方や起こる部位によって次の3種類に分けられます。


①アテローム(粥状)硬化:大動脈や脳動脈、冠動脈などの比較的太い動脈に起こります。動脈の内膜にコレステロールなどの脂肪からなるドロドロの粥状物質がたまり粥状硬化斑ができ、次第に肥厚することで動脈の内腔を狭めている状態です。早い場合はすでに10歳代から始まり、個人差はありますが、その後長い年月をかけて、加齢とともに進展します。


②細動脈硬化:高血圧による変化で、脳や腎臓の中の細い動脈に起き易く、詰ったり(梗 塞)、血管の壁全体が破裂して出血します。脳の細動脈硬化では、弾力性を失った細動脈は血圧に対する抵抗力が弱くなり、袋状に拡張して、小さなこぶ(動脈瘤)を形づくり、これが破れて脳出血の原因となります。


③メンケルベルグ型(中膜)硬化:動脈の中膜にカルシウムがたまって硬く脆くなり、血管壁が破れることもあります。大動脈や下肢の動脈、頚部の動脈に起こりやすい、高齢者に多くみられる動脈硬化です。


動脈硬化を防ぐ生活習慣

MENU



スポンサードリンク